読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

投資は簡単ではないという事を忘れてはいけない

アルバート・アインシュタインの言葉に、

何事もできる限り単純化すべきだが、単純化しすぎてはいけない

という言葉があります。投資においてもこの言葉は当てはまると思っています。

 

1,市場をアウトパフォームするには絶えず知的努力が必要

一人一人の投資家によってそれぞれ、自分の資産規模、許容できるリスク、投資の為に割ける時間や家族構成、その他環境が違う為、マッチする手法は千差万別のはずです。そもそも何がゴールなのか、何が成功なのかすら人により定義が異なります。ですので、成功する為の手法を方程式のように単純化はできません。

なのに書店には、手法を一つに断定する本が乱立し、世の中には投資を簡単だと謳う人が後を絶えません。その方が取っつきやすく、食指が動きやすいからでしょうか。

もちろん、手法が複雑であれば勝てる、手法がシンプルであれば勝てないなどという事を言うつもりはありませんし、手法の複雑さと投資成果は相関関係はないのかもしれません。

ただし、よほどの天才か強運に見舞われない限り、人と同じように考え行動していては市場と同等の結果の期待値しか得れないはずだという事は言えます。市場をアウトパフォームする為には、人より正しいことを人より早く実行するしかありません。その為には人より早く情報を見つけたり、人よりも優れた分析を行う必要があり、絶えず知的努力が必要だと考えています。

私はやらないのですがおそらく、システムトレードやHFTで成果を上げている人々も同じであると思います。追随してくる人は後を絶えず、少しのシステムの差で投資成果が大きく変わる世界であり、一度情報が漏れると大きく優位性を失うなどという厳しい環境にいるはずです。その為、長く成果を上げ続けるためには同じく絶えず知的努力なのだと思います。

 

2,成功者の本を読んだり、話を聞くことは大事ですがそれだけでは・・

例えば、イチローのようになりたい人がいるとして、その人はイチローのインタビューばかりを見ているだけでイチローのようになれるでしょうか?それだけではおそらく無理かと思います。

まずはフォームや野球ルールについて細かく勉強、分析する必要があるのではないでしょうか。その上で毎日コツコツ練習する必要があります。更に、野球を続けられる環境づくりをするなどの努力必要だと思います。

勿論、イチローのインタビューが参考になることは間違いなく、読むことを否定しているわけではありません。ただし、野球選手を目指す人はそれだけでは明らかに不足しているということです。

インタビューのを読むことで野球選手を目指すきっかけができる、目指している人の心が折れかけているときに背中を押してくれるなど、素晴らしい効果は計り知れません。

私もバフェットなど成功した投資家の本を読んでいくうちに投資家に憧れ、いつしか投資の世界にのめりこんでいきました。

 

投資家も同じで、成功者の行動や手法を真似るのもよいですがそれだけで市場をアウトパフォームし続けるのは、やはり至難であると思います。

誰かが呟いた銘柄を妄信し、自分で考えずに追従買いするなど、イナゴ行為を働けば損をする可能性も高いかもしれません。

基本的な用語や財務分析、市場の構造などはやはり抑えておくことに越したことはないと思います。その上で日々前進し続けなくてはいけないと、私自身も忘れないようにしたいと常日頃思っています。

 

関連記事

nananatyandayo.hatenablog.com

nananatyandayo.hatenablog.com

nananatyandayo.hatenablog.com