読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

PBRについて

PBRもPERと同じく、株式投資において重要な指標です。PERは(Price Book-Value Ratio)株価純資産倍率のことPERと同じく株価の割安性を、企業のもつ株主資本から図る指標です。ピービーアールと読みます。PBRが低いほど割安であると言えます。計算式は

PBR = 株価 / 一株当たりの株主資本(BPS)

です。

 上記の式を見て分かる通り、

BPSが同じの場合、株価が上がればPBRが上がり、株価が下がればPBRも下がります。

株価が同じの場合、BPSが上がればPBRは下がり、BPSが下がればPBRは上がります。

利益はブレやすいが株主資本はブレにくい為、特に新興株等では、PERよりもPBRのほうが安定した指標となるかもしれません。

株主には、会社が解散した際に持ち株数に応じ、会社が保有する資産が分配される権利があるので理論上は1を下回らないはずで、PBRか低いということは下値リスクが小さいとみることはできると思います。が、実際は1を下回っている企業は多々あります。

また、PBRが低い企業は買収などの対象になる為、株価対策の為に自社株買いなどを行うことも多くある点にも注目です。

 

PBRを使用する上での注意点

PBRが1を割り更に低ければ、株価の下支えにもなり買いのポイントであるとも言えますが、逆に株主資本が市場において過大に評価されているというだけの可能性もあります。特に新興株においては利益もブレやすく、将来赤字になるおそれがある可能性などがないかをよく調べてから参考にするべき指標であると思います。