なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

ブログを毎日更新する予定だったが無理だったという話。

どうも、なななです。まず初めに、ツイッター(ななな (@nanana_1900) | Twitter)でも書きましたが、「毎日更新する」と銘打っていたのに関わらず突発的な事故等により更新が途絶えてしまったことを謝罪しようと思います。申し訳ありませんでした。

毎日更新のブログではなくなったということで、ヘッダー下の部分を「毎日更新」から、「ほぼ毎日更新」に変えておきました。以後、毎日更新ではなくなる予定ですが、コンテンツの量の拘るスタンスは当面続けていこうと思います。もちろん質も更に上を目指しつつ、です。

今日は、「毎日ブログを更新する」ということについて考えてみたいと思います。

 

 

毎日更新のブログにしようと思ったきっかけ。

一つは、僕は楽な方へ楽な方へと流れやすい性格であり、自分でルールを決めておかないと、だらけてしまって更新頻度が落ちていき、ゆくゆくは更新しなくなる恐れがあった為、毎日更新するというルールを定めた。更に、最低1000文字は超える記事を毎日書こうと決めていた。

もう一つは、毎日続けて更新することにより、客観的な数字が見えると思ったからだ。どんな記事が読まれやすいかや、平日と休日でアクセスの傾向は変わるのか等。ちなみに一か月続けた感触としては特に目立った傾向はみられていない。というかアクセス数が少なすぎて傾向を見ることすら不可能という感じだ。沢山の人に読まれるブログを書くのはやはり難しい。

 

一か月間毎日更新を続けて分かったこと。

一言でいうと、大変だった。が、それ以上に楽しかった。

大変な部分でいうと、大した文字数ではないとはいえ、僕は毎日文章を書くという経験をしたことがなかったのでネタに困る日もあったし、書きたくないなと思う日も実はあった。何より、時間に余裕のある日は楽勝であったが、夜に予定がある日などは記事を書く時間を捻出するのが難しかった。

そういう面でも、やはりイケダハヤトさんしかり、毎日大量のコンテンツを投稿している人はすごいな。と思うとともに、なぜ「毎日」更新できるんだろうと考えた。今回の僕みたいに突発的な事故が起きても大丈夫なように日頃からおそらく記事を沢山ストックしており、予約投稿しているのだろう。僕はそれすらしていなかったのだから甘い意外の何物でもない。反省。

楽しかった部分でいうと、読者からのコメントや読者登録等があり、とても嬉しかった。

最初は、「誰にも読まれていない感」が強すぎて正直寂しかったものだ。最初の数日はPVが0だった。反応があるのは嬉しい限りであるし、他の方のブログを読む目も変わってきた。

あと、うまく言えないが、自分の脳内を文章として形にして公の場に残すという行為になんともいえない快感を感じている。

 

これからの方針

なので、これからは予約投稿を駆使して記事をストックし、たとえ不慮の事態が起きても一週間くらい自動的に記事が投稿されるように設定しておくという方法も考えた。

しかし、三日間更新が空いて気づいた事もある。なんと三日間更新しなくてもアクセスは減らなかったのである。(というかむしろ増えた。)

理由はわからないが、現段階では固定ファンは少なく、アクセスの大半が検索流入である為というのも理由の一つとして考えられる。

つまり、「毎日更新」ということにこだわりすぎる必要はないのかもしれない。毎日書くということにこだわりすぎるあまり、記事の質が落ちてしまったり、SEOやウェブデザイン、更には僕のライフワークである投資の勉強が疎かになっては本末転倒だ。

もちろん過去記事の、PV数によるブログのレベル。当ブログの目標レベル。 - なななのBlog に書いたように、物理的に量をこなすことが当面は大事との基本方針は崩れてはいないので自分のできる範囲でできるだけ沢山の記事を投稿していくつもりである。