読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

書くことの楽しさ。

どうも、なななです。最近ブログを書くことが楽しすぎる。元から文章を書くことがすきだった。今日はいつの頃から文章を書くのが好きだったのか振り返ってみることにする。

 

 

楽しかったあの頃

僕が大学や高校の頃全盛期だったのはmixiだった。僕は毎日長文の日記を書いていた。そして僕ほどではないが大半の友達も数日に一本は日記を書いていたように思う。

内容の多くは学校での出来事など、閉鎖されたコミュニティだった。日記の公開範囲も友達のみに設定したり、記事によっては数人にのみ公開していたりした。

あの頃はラインもなかったので特定の人に連絡をとったりするのもmixiは便利だった。

それからしばらく時間が流れmixiは廃れていった。もともと学内の話題などしか書いていなかったが、皆進学や就職によって立場が分かれてしまい、共通で盛り上がれるネタが減っていったのか・・。

あるいはtwitter,Facebookの台頭によってユーザーが分散されたのか、さらには大人になるにつれて皆、とりとめもない文章を書く時間が減っていったことも原因かもしれない。

しかしあの頃は楽しかった。

あの頃書いた何百もの記事は全て非公開にしているが実は全部保存している。学生時代沢山書いた記事、アップした画像、友達がくれたコメント・・全て僕の宝物である。数年に一度見返して、フフフとほくそ笑んでしまう。

 

ブログを始めてみたら今も楽しい。

そこから月日が流れ、文章を書くきっかけがなくなっていた。初めはtwitterで日々の事を書いていたが、今まで毎日のように何千文字という記事を書いていた僕にとっては140文字というのは短すぎた。(その制限がtwitterの良いところであるとは思うが。)

 かといってFacebookは自分の本名や顔写真を公開しているので、書きたいことが堂々とかけなかった。親や会社の上司等、誰かに見られたくないことくらいは皆あるはずだ。

だから僕は匿名でブログを書く。という結論に至った。匿名ブログの優位性については、ブログが匿名性で有る事の優位性は・・?? - なななのBlogの記事にて書いている。

ちなみに実名は実名でいいところはいっぱいある。それはこちらにまとめている→ブログが実名制で有る事の優位性は・・?? - なななのBlog

もしかしたらあの頃mixiにいた人たちも既に匿名でブログ書いてたりしてね。

いずれにせよ、あの頃のように思ったことを文章として毎日書いて残して置けることはとても楽しいな。そしてもっと沢山書いて練習して、読者にも楽しさを伝えるスキルがあがったらいいな。