なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

大企業・中小企業・零細企業、大手企業の言葉の定義とそれぞれのメリット・デメリットについて

どうも、なななです。企業規模を分類する言葉は、タイトルのように様々りますが、しっかりと意味を理解して使い分けている人は意外に少ないようにも感じます。今回は分類と、それぞれのメリット・デメリットについて書きます。

 

大企業とは。

以下の定義を満たすものを大企業と呼びます。  

  1. 資本金が3億円以上かつ、従業員数が300人以上の製造業、建設業、運輸業
  2. 資本金が1億円以上かつ、従業員数が100人以上の卸売業。
  3. 資本金が5000万円以上かつ、従業員数が100人以上のサービス業。
  4. 資本金が5000万円以上かつ、従業員数が50人以上の小売業。

 

同じ規模の会社であっても業種大企業であったり中小企業であったりするわけで使い分けが難しいです。この辺りも正しく定義分けできている人が少ない原因かもしれません。

そして各業種の中でトップを占める数社を大手企業と呼びます。大企業には明確な境目がありますが、大手企業には実は明確な境目がありません。

なので有名な会社をとりあえず大手企業と呼ぶ場合が多いのでしょう。だからと言って必ずしも大手企業=大企業というわけでもない。このあたりも非常にややこしい。

ちなみにシャープも資本金を1億円に減資するとの事で、あやうく中小企業になる所だったが、5億円になったことで定義上大企業であり続ける事となりました。

 

メリット

給与が高い会社が多い。

福利厚生*1が充実している場合が多い。

 

デメリット

年功序列であったり、成果が評価されにくい場合が多い。

出世に時間がかかることが多い。

 

中小企業とは。

以下の定義を満たすものを中小企業と呼びます。 

  • 資本金が3億円以下、または従業員数が300人以下の企業。

 

メリット

成果が評価されやすく出世が早い事が多い。

 

デメリット

福利厚生が充実していない場合が多い。

これから発展していく余地を大企業よりも多く残している事が多い。

失敗が目立つ場合が多い。

 

零細企業とは

特に定義はないが小規模な資本で経営する企業。 

  1. 従業員が20人以下の製造業・その他業種
  2. 従業員が5人以下の商業・サービス業。

 

メリット

(中小企業より更に)成果が評価されやすく出世が早い事が多い。

 

デメリット

(中小企業より更に)福利厚生が充実していない場合が多い。

これから発展していく余地を大企業よりも多く残している事が多い。

失敗が目立つ場合が多い。

 

まとめ

企業の分別はとても複雑です。しかし自分の所属する会社が大企業・中小企業・大手企業・零細企業のどれに該当するかくらいは把握していた方がいいと思います。(そのためにはもちろん業種も正確に把握しておく必要もあります。)

*1:賃金以外に支払われる金銭。例えば家賃補助や資格支援、保険等