読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

ブログが実名制で有る事の優位性は・・??

どうも。なななです。先日、 ブログが匿名性で有る事の優位性は・・?? - なななのブログ の記事で匿名性ブログの優位性を書いた。しかしもちろん全てにおいて匿名ブログが優れているわけではない。不公平がないように今回は実名制ブログの優位性について考えてみる。 

 

まず今回この記事を書こうと思った理由は、以下の記事を読んだからだ。

www.miyahaya.com

宮森はやとさんという方らしい。短くまとめると彼は、ブログで夢を語ろう。そうすればかなう確率は飛躍的にあがると論じている。そしてすごいのが、

 

ブログももっとメディアに取り上げられれば、ブログに対しての世間の価値観も変わるとおもうんですよ。

とりわけテレビの影響は今でも絶大だと考えています。

ブロガーでテレビに出た人ってあまりいないとおもうので。

ぼくは現在、石川県に住んでいるのでぜひ石川県のメディアさんぼくを取材してください。

 

との記事を書いてその4日後に本当にテレビに出ている。

 

素直にすごいと思った。なんという有言実行。格好いい。ブログにそんな使い方があったなんて。彼もすごいし、やはりブログもすごい。僕は最初から匿名性でブログを書くことを考えていたので、こんな事は考えもしなかった。

 

他にも、旅に出て日記をブログに書き、広告収入で旅費を稼ぐというような使い方が公開されている。

 

顔バレしてもよいという前提ならばマネタイズしやすいのは当然実名制ブログであろう。

 

どこの誰ともわからない人よりも、顔も名前も知っていて、テレビやひょっとしたら偶然道ですれ違っちゃうかもしれない人のほうが親しみが持てるし、応援したくなる。

 

ネットでワンクリック募金はしなくても、駅前で必死に大声だして募金をお願いしてる女子高生なんて見るとついつい募金してみたくなる。そんな人は多いのではないだろうか。

 

顔バレしてもよく、さらに自分の夢を叶えるにあたってブログに書いた記事とリアルの自分がつながってもいいという人は実名制ブログを書いてみてもよいかもしれない。ただし絶対に発言に一定の制約がかかると僕はおもう。

 

その制約を上回るメリットがある事はうらやましく思う。そしてもしかしたら制約がかかったとしてもその制約がとても小さいのかもしれない。つまりひょっとすると実名制ブログの方々は誰に対しても大きなわけ隔たりなく素直に生きている人達なのかもしれない。(少しうらやましい)

 

僕のように日常生活においては上辺を取り繕い、そして心の中にはモヤモヤとした沢山のものが溢れすぎている人間は実名制でブログを書けそうにない。

 

 

〰まとめ〰

 

そして実名制ブログの優位性も確かに感じながらも、やはり僕は ブログが匿名性で有る事の優位性は・・?? - なななのブログ で書いたように

 

本当の意味で自由になれるのは匿名性のブログだけだと思う。

 

という意見は揺るがない。皆さんも趣旨に応じて実名制、匿名性を使い分けてみてください。