なななの株式投資Blog

株式投資おいて大切だと思うこと、用語などについて書いています。サイドバーにまとめがあります。

投資用語

株式用語まとめ

当ブログで紹介している、株式に関する用語等をまとめています。単に株式用語を覚えるだけで市場に勝てるかどうかは分かりませんが、ツールを組み合わせ使いこなすことができれば市場において優位性を確保できる可能性が上がると思っています。又、私見です…

金融緩和・政策金利について

中央銀行(日銀)が不況時に景気を良くするために行う金融政策のことを金融緩和といいます。金融緩和にはいくつかの方法があります。

株主資本をどれくらい効率的に運用できているかを表すROEを投資判断に活用する方法

ROE(Return On Equity)は、自己資本利益率(株主資本利益率)のことで、企業の収益性を測る指標です。 自己資本(株主資本)が1年間でどれだけの利益に繋がったかを示しています。ここではその計算式などROEの基本とその使い方を書かせて頂きます。

成長性期待を表すPERを投資判断に活用する方法

PER(Price Earning Ratio)は株式投資において重要な指標の一つとして古くから多くの人が利用しています。 株価が1株当たりの純利益(EPS)の何倍であるかを示しており、株価収益率と呼ばれています。企業の割安性を測る指標で、読み方はパーもしくはピーイーア…

私が常にフルインベストメントである理由

2017.1.10 加筆修正を行いました 私はキャッシュポジションは常に低い状態を保っています(常に数パーセント以下)。今回はそのような運用方針を採用している理由をまとめてみたいと思います。

誰かの考えに追従するイナゴ投資をすると結果的に損をする可能性が高く、投資は自分で考えることが大事

誰かの発言により特定の銘柄に投資の群集心理が集まり、こぞって買いが過熱している銘柄に飛びつく投資家のことをイナゴ投資家といいます。今回はイナゴ投資家は損をする可能性が高い理由と、イナゴ投資家を集める側の意図、巻き込まれない為の対策について…

投資をするからには複利の力の偉大さを活かしたいが・・

かつてアルバート・アインシュタインは、 人類のもっとも偉大な発明は複利である。 と語っています。私自身も複利というのは投資において重要なキーワードであると思っています。今回は複利について書きたいと思います。

投資において群集と逆の行動を取る逆張りが有効だと思う理由

なんらかの状況において、群集が一斉に売りに走った時に、買いを実行すること、又は、群集が一斉に買いに走った時に売りを実行することを逆張り投資といいます。私は個人的には逆張り投資を推奨しています。理由も含めて今回は逆張り投資について書かせて頂…

ウォーレン・バフェットについて〰投資手法編〰

バフェットの経営するバークシャー・ハザウェイの株価は45年間で82万パーセントという前代未聞の上昇率をたたき出しています。そんなバフェットはが挙げる基本原則は、 第一の原則 : 損をしないこと 第二の原則 : 第一の原則を忘れないこと あまりにもシンプ…

ストックオプション(新株予約権)について

従業員・取締役などが、予め決められた価格で自社株を買う権利をストックオプション(新株予約権)と言います。一定期間が経過したのち、時価が予め決められた価格を上回っている場合に株を売却すれば、キャピタルゲインにより権利の付与対象者は利益を得ます…

ウォーレン・バフェット 〰人物編〰  投資で成功する為にバフェットが必要だと考える2つのこと

世界最大の投資持ち株会社バークシャーハザウェイのCEO兼会長であるウォーレン・バフェットはオマハの賢人と呼ばれており、私が最も影響を受けた投資家です。投資手法や、その姿勢は見習うべきものが多くあります。手法に関しては別記事に譲るとし、今回…

景気敏感株について

景気敏感株とは、景気の動向により業績が大きく変動する銘柄のことで文字通り、景気に敏感に反応する株と言えます。また景気敏感株の事をシクリカル銘柄やシクリカルセクター、また市況関連銘柄と呼ぶこともあります。

決算短信について

株式を証券取引所に上場している企業が、決算発表時に共通の書式を用いて発表する決算速報の事を決算短信といいます。 決算短信の中には貸借対照表(BS)・損益計算書(PS)・事業等のリスク・経営方針などを初めとした情報が記載されています。 決算短信は企業…

発行済み株式数について

発行済み株式数(発行済み株式総数)とは、企業が実際に発行している株式の数のことを言います。

EPSについて

EPSもPERやPBRと同様株式投資において重要な指標となっています。EPS(Earning Per Share)は一株当たりの利益のことで、イーピーエスと読みます。計算式は EPS = 純利益 / 発行済み株式数 となっています。 またPERの公式に当てはめてもらうと 株価 = EPS × P…

PBRについて

PBRもPERと同じく、株式投資において重要な指標です。PERは(Price Book-Value Ratio)株価純資産倍率のことでPERと同じく株価の割安性を、企業のもつ株主資本から図る指標です。ピービーアールと読みます。PBRが低いほど割安であると言えます。計算式は PBR =…